花の開花状況

あいやまガーデンにはいろんな花がたくさん植えてあります。

春を告げるクロッカスや初夏に咲きだす豪華なバラ、夏は花壇を彩る一年草達。

そして秋はモミジなどの紅葉が楽しめます。

 

ここでは時期ごとにあいやまを彩る花々の開花状況をお伝えいたします。


氷見あいやまガーデン 2016年 花カレンダー

10月11日

 

台風もすぎ、秋の長雨も一休みしてやっとで秋らしい青空が戻ってきました。

青空の下で秋らしいコムラサキシキブが枝いっぱいに実をつけています。

当園で咲いているコスモスは『ソナタ』という園芸品種で背が低く花が大きいのが特徴です。

ダリアは色とりどり咲いています。


9月21日

 

台風が過ぎるたびに秋らしくなってきましたね。

赤いバラの実(ローズヒップ)が色付はじめました。

紫の実は紫式部です。

白と赤のヒガンバナも開花中です。


9月4日

 

まだ暑い日が続きますね。当園にはパンパスグラスが穂を開き、宿根草が花開き大輪ダリアが咲いています。

今年のダリアの生育はスタッフの中では不完全燃焼で立派な株にはなっていませんが、それでも大きく咲いているものがあります。


8月9日

 

夏の暑さにも負けず、夏に咲く草花は元気に咲いています。

大きな花を咲かせているタイタンビカス

ベゴニアとブルーのサルビア”ファリナセア”

皆様おなじみサルスベリ

 


7月22日

 

ダリアが咲いています。まだボリューム不足ですが、秋には見事に咲いてくれるでしょう。


6月21日

 

可愛い金魚草が咲いています。

夏の宿根草の花壇は、ガウラやルドベキア、エキナセアなど、雑誌などで見るようなイングリッシュガーデンが見頃です。

夏らしノウゼンカヅラが咲き始めました。


6月17日

 

梅雨入りして、園内の植物たちも夏の花に変わり始めました。

白く大きな花を咲かせている、アジサイアナベル

独特の花の形をしている、オカトラノオ

梅雨を代表する植物、花ショウブ


5月18日

 

クレマチスが咲き始めました。大輪の紫の花やピンクの花、白色の花などが咲いています。


投稿日 5月14日

 

春から初夏に季節は移り、ガーデン内の植物も夏の花に変わり始めました。

開花が始まったシャクナゲ

宿根草の花壇では、オダマキ、ラムズイヤーなどが見頃。

プランターには一年草のミムラスが枠からはみ出して開花中。


投稿日 4月23日

 

ゴールデンウィーク後に咲くボタンがもう咲きました。

咲いたのは2株だけですが、蕾が大きくなった株もあるので、

この気候が続けば、満開も早いでしょう。


撮影日 4月12日

 

今年も暖かい日が続き早々と春の花たちが咲き始めました。

チューリップ:園内には約3万球のチューリップが咲く予定です。まだ咲き始めです。

シャクナゲ:いつもは4月下旬に咲き始めますが、もう最初の花が咲き始めました。

枝垂桜:すごい豪華に満開中。

花壇にはハナビシソウやノースポール、パンジーなどの一年草が咲いています。


撮影日 4月1日

 

左上から

クリスマスローズ:八重咲きの品種や赤色の品種、木漏れ日の中で咲いています。

スミレ:自生しているスミレで可愛く咲いています。

左下へ

ユキヤナギ:大きな株で白色と赤色が咲いています。

サクラソウの仲間:数種類のサクラソウが花壇やプランターの中で咲いています。